青ぐまや茶ぐまに良い栄養素って何?

葉酸は、血液の流れをサラサラにしてくれる効果があり、青ぐまを予防するのには最適です。
また、鉄分も、血液の中のヘモグロビンの材料となるので最適です。

ヘモグロビンの主な役割は、酸素を運搬して、血行を促進することです。
たるみによる黒ぐまは、きちんとした食事ももちろんですが、スキンケアの方がより効果が高いです。

むくみの場合は、はと麦や小豆など、塩分が少ないものを摂るのが好ましいです。

ビタミンCは、茶ぐまの予防に最適です。このビタミンCは、シミも予防することができ、メラニンの生成を抑える働きがあります。一日に数回に分けて、少量でも構いませんので補給をしてください。

<青ぐまに良い栄養素が含まれている食品>
①鉄
がんもどき、納豆、ルッコラ、ひじき、ほうれんそう、鶏レバー、あさり、赤身まぐろなど

②葉酸
アスパラ、キャベツ、菜の花、枝豆、焼きのり、牛レバー、モロヘイヤ、豚レバーなど

<茶ぐまに良い栄養素が含まれている食品>
①ビタミンC
かぶの葉、ピーマン、ミニトマト、菜の花、赤パプリカ、黄パプリカなど

 


 

シワは年齢と共に深く刻まれていく

シワができる原因は、肌が乾燥するからだと思っている人もいると思いますが、実はそうではありません。真皮のエラスチンやコラーゲンが変性、減少したりすることでできるのです。

シワは次のようなプロセスでできます。
第一段階は、細かくて浅いシワで、乾燥することで目立つちりめんジワです。これは、肌が潤っているとすぐに回復するものです。

次は、表情ジワです。これは、顔の動きに合わせてできます。
肌がまだ若い人は表情が戻れば見えなくなるのですが、歳を重ねていくうちに、どんどん深くなっていき、元に戻らなくなります。

そして結果的に、真皮のコラーゲン線維が変性したり、断裂するとシワが深く刻まれてしまいます。
コラーゲンは、年齢を重ねていくと同時に弾力も失い、量も減少します。さらに、真皮も薄くなり、シワができやすくなります。

このようにして深く刻まれたシワは、セルフケアで治すことは不可能です。
皮膚科学基準の正しいアンチエイジングを行うことで、シワができるのを遅らせることができます。

 

スッキリとした体形と美肌を作るなら酵素ダイエットがおすすめです。

ボディケア、フェイシャルケアなどのコスメ用品は、口コミや雑誌に紹介された製品を選ぶのが安心です。

エステサロンは口コミで人気のシーズラボがおすすめです。